....Tigersの下柳 剛に捧ぐ....

アクセスカウンタ

zoom RSS しっかり現実を受け止めようと思う

<<   作成日時 : 2011/09/21 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像



デイリーで、シモさんの退団が報じられた


43歳になるシモさんの未来に いつか来る日を

全く想定していなかったわけじゃない


人はロボットではないから


いつかは・・・・・・



けれど

客観的に 理解はできても

追いついていかない気持ちがある




シモさんが甲子園球場に残したたくさんの足跡を


私は忘れることはない

画像



私はシもさんが縦じまに袖を通してから

ビジター球場で シモさんのピッチングをみたことがない


いつも

いつも

ホームグランドで


どうか今日も先発シモさんの日でありますように・・・と願いながら


甲子園球場に通い


縦じまのシモさんのマウンドに エールを送った




そのうち

シモさんのマウンドの全部を見たくなり スカパーにも入会した



でもやっぱり今 目に浮かぶのは 縦じまのユニを着たあの髭武者の風貌のシモさんだ



シモさんが、縦じまに袖を通したとき

どれだけの人がこの髭面のシモさんに関心をしめしただろうか?

私とて  友人に 下柳 剛のファンになった・・・と言ったとき

『なして???』という反応が返ってきた。



今は球場に行くと 42番のシモユニもたくさん見かけるようになったけど

以前は もの珍しい視線を送られたもの


そのシモさんが

猛虎の要 矢野さんに見つけてもらって


2003年・2005年の優勝にも貢献し


37歳にして15勝最多勝も手にした
http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_08october/KFullNormal20081002170.html


2007年開幕投手にもなり


FA権を取得したときには祈りに・祈った









Tigersに移籍してきた当初は それほど期待されていなかっただろうシモさん


持ち前の味のあるピッチング と 運も味方につけて


なにより

愛妻・矢野さんに愛されて

認めてもらって

旨く手綱を握ってもらって

下柳剛という左腕を活かしてもらったね

画像



そうして縦じまに袖を通したシモさんは 

阪神タイガースというチームで

大活躍した

と私は思っている



100勝目を挙げたのは そう 鬼門名古屋ドームだった

画像



その日は私の変わりにおすぎさんが現地でシモさんの100勝目登板を見届けて下さった。

嬉しさのあまり 『おめでとうございます!』と訳のわからない電話を

おすぎさんに掛けたよねm(__)m



幻ともいえる

シモさんのお立ち台は

甲子園で3度立ち会うことができた


『勝てたらいいなぁ・・と思いました。』

とはにかむ アジョシ・シモさんを


宜野座の地まで追いかけて


自分の持っている硬球に下柳剛42番のサインをもらったよ

画像




京セラドームでノックアウトされて自身のこぶしをマウンドにぶつけた下さん


大事な試合に失策連発のときには マウンドにグローブを投げつけた気迫溢れるシモさん


ピチャー交代 が気に食わず

ベンチのイスを壊したシモさん


ふがいない自分にいらだってマウンドの周りをぐるぐるパドックするシモさん


自身がKOされてもベンチの一番前で大きな声を出して見方を援護するシモさん


600試合登板は通過点と言ったシモさん



いつも、いつも闘志むき出しのシモさんが私は好き




私の記憶の中には


どのシモさんも鮮明に残っている




2010年は


現地参戦時  怖いほどのシモさん運に恵まれ


狂喜したことが思い出される



なにかくすぶったままの状態で 戦力外通告を受けることになったシモさんは



2011年9月23日


鳴尾浜球場で


縦じまでの最後の登板となるもよう





もし


戦力外通告を受けて


縦ジマで 『引退』 を決めていたなら


あるいは


甲子園球場のマウンドで


引退試合もあったかもしれない






だけど



だけど



私は



シモさんのこの決断に 拍手を送りたい 


『もう 無理やろう・・』 と大半の人が思っているだろうけど




まだ現役でやれると


自分に決断を下したシモさんに


私は エールを送りたい



シモさんは 華々しい花道など望んではいないでしょう


シモさんは


まだまだ一軍のマウンドで自分の納得のいくピッチングをしたいだけ



『投げることが好きやから・・』





なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり







シモさん  頑張れ


頑張れ   シモさん




書きながら 涙がボロボロ流れてくるけど


私はシモさんがユニフォームを脱ぐその日が来るまで


『・・・・・・・・・・・』 の言葉はとっておくから





大好きな シモさん


自分の納得のいくまで 投げられる場所が見つかることを


今は祈っています



私は 自分の路を 諦めないシモさんが大好きです


誰にも負けないくらいに 大好きです




画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は整理できず、未だに下さんの事はblogで書けずにいるけど……

Fusaki さんと変わらない気持ちです。。23日は行きたいけど、休みはどうしても代わってもらえなくて仕事で。。。

大学生の頃だったら、どうにでも予定をつけて行ってただろうけど、社会人として職場放棄は出来ないから……

そんな事をしてまで行ったって、下さんは喜ばないだろうから。。。

これからの事は難しいのは、重々分かってるし本人が一番分かってると思う……

それでも不完全燃焼のまま、自分のキモチに嘘をついたまま終わるなんて出来ないのが下柳剛だと思う。。

好条件を提示してくれた阪神には感謝してると思うけど、それでも悔いのないように。。矢野さんは下さんや金本さんの現役を一番喜んでくれている人がいるから。。

ボロボロになるまで……がモットーの下さんを最後まで私は見続けたいです。
ゆー
2011/09/22 02:18
fusakiさん、お久しぶりです。

まだ正式発表ではないとは言え、とうとうこの日が来てしまったか…という気持ちはありますが、ダイエー時代から下さんの後を追って3球団を渡り歩いてきた私にとって、これも1つの通過点。
下さんが登録抹消になった6月以降、休みの日には鳴尾浜に通い続けているので、甲子園にはナイターのみ月2〜3試合ペースでしか参戦していませんが、それでもやっぱり子供の頃から好きだった阪神のユニフォームを着て闘う下さんに愛着はあります。
だけど私にとって下さんこそがかけがえのない唯一無二の野球人なので、今後どこのユニフォームに袖を通しても、今まで通り球場に通って応援する、その気持ちに何ら変わりはありません。
明日も、いつもと変わらない気持ちで鳴尾浜に足を向けようと思います。

追伸…昨年のfusakiさんの羨ましい程の下さん運はよく憶えていますよ。
ラー☆
2011/09/22 11:58
…私も、同じ気持ちです。

下柳剛さんが現役で頑張ってくださる限り、下柳剛さんがどこに行かれても、私も応援し続けます!

大好きだから!
なお
2011/09/23 03:56
それぞれが
それぞれの思いを持って

シモさんがユニフォームを脱ぐ日まで
これからも
シモさんを応援していきましょう

シモさんのハニカンだ笑顔は
今日も素敵でした。

fusaki
2011/09/23 21:07
しっかり現実を受け止めようと思う ....Tigersの下柳 剛に捧ぐ..../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる