....Tigersの下柳 剛に捧ぐ....

アクセスカウンタ

zoom RSS 拳拳服膺

<<   作成日時 : 2011/09/25 14:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像





下柳 剛 42


9年間 阪神Tigersに在籍して 活躍した左腕





シーズンの終盤に来て 戦力外 が伝えられた




2011年9月23日


鳴尾浜球場でタテジマ最後の登板になるかもしれないシモさんの


2イニングのマウンドを見てきた






Tigersの残り試合はあとわずか


今後の成績によっては (いい意味ではなく)


甲子園球場でシモさんが投げる機会が0%ではない とどこかに書いてあった


シモさんのファンはきっと1%の希をも 信じたいかもしれない


できるなら私も もう一度甲子園球場のマウンドで


シモさんが投げるのを見たい





けど


勝負の掛かった大事なマウンドではなく


ただTigersの功績者として


チームのひとりのピッチャーの最後のセレモニーとしての


おざなりのマウンドで 


下柳 剛 という左腕は投げたくなどないのではないかと思う


下柳 剛という人は そういう投手ではないかと 思う



もちろん シモさんはエールを送り続けるファンに感謝しておられると思うし


阪神に移籍してこられてからの投手としての自分にも感慨深いものがあるだろう



だから その思いに免じて 可能性は 0 ではないと思うけど・・・







これが 選手としてユニフォームを脱ぐと決めていたなら


話は別だろうけれど・・・










今のシモさんの頭の中は 『まだ投げたい』 という


『まだ やれる』 という思いでいっぱいなのではないかと思う


路が開かれることを希む気持ちで いっぱいなのではないかと思う





私は阪神Tigersというチームが大好きだ


理由を聞かれても応えられないけど


大好きだ


その中で 見つけた下柳 剛 が大好きだ








だけど


近年・今岡さんがチームを去るときも


赤星さんの引退の時も


矢野さんの引退の時も


この球団の 去るものへの情愛は 深いとは感じられなかった


     阪神の顔 とも言える人たちに向けて






ただ 正反対に 虎党の想いは とても深い


贔屓としている選手に対してそれはとても とても深いものを感じる




それはきっと選手に伝わっているのだと思う



シモさんにも伝わっていると思う



下柳 剛のファンは まだまだいろんな複雑な気持ちをもって



シモさんの今後を見守っていると思う




どこのユニフォームをきても シモさんが現役を望んでいる限り



一軍のマウンドで活躍するシモさんを待っている


私も待っている








だけど


私にはやっぱり ”タテジマ”の ”下柳 剛” への想いは格別で


タイガースへの思いと切り離しては


        まだまだ整理がつかないのが現実だ









下柳 剛がユニフォームを脱ぐその日まで


     エールを送り続ける気持ちに変わりはないのだけれど


画像









どこかで 和太鼓の音が響いてる


秋祭りの季節です



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

拳拳服膺 ....Tigersの下柳 剛に捧ぐ..../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる