....Tigersの下柳 剛に捧ぐ....

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮮明に残る03年 投げんなよ

<<   作成日時 : 2012/10/14 11:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ここには書き切れないぐらいの思い出がある。
でも、やっぱりあの瞬間の記憶はより鮮明に残っています。
03年のビールかけ。
お互い一度も優勝を経験したことがなかった。
2人で向かい合って、互いの頭にビールをかけた。

(この日のために頑張ったんや。俺らこれをやりたかったんやな)

あのビールかけから暫くして、チームが連敗しました。
優勝ボケもあって情けない試合が続いた。
そしたらミーティングで、星野監督のカミナリが落ちた。

≪優勝なんかいらんわ!!≫

すごい剣幕でした。
みんな下を向いた。
その時、何げなく隣のカネを見ると、アイツもこっちを見ていた。
何だろう・・・
そしたら誰にも聞こえないようなヒソヒソ声で、カネが言うんです。

『いるよな?』

(うん、いるいる)

ミーティングが終わるまで、2人で笑いをかみ殺してました。

カネの笑顔をたくさん見た。
でも、それと同じ数だけ、いやそれ以上に、アイツの苦しむ姿もたくさん見ました。
2010年に肩を故障した時、いくらカネでも
もう戻って来れないんじゃないかと思ってました。
投手だからなおさら分かる。肩が痛いのだけはどうにもならない。
でも、アイツはあきらめなかった。懸命のリハビリ。
針、気功・・・藁にもすがる思いだったのでしょう。
いいものがあると聞けば何でも試していた。
それでも腕が上がらない。当然です。
肩の筋肉が切れてるんだから上がるわけがない。
そんな体で、アイツはまだ投げようとする。

(男気出して投げんなよ)

先発の日はいつもカネに言ってました。
投げられなくてもいい。カネにはそれを補う打撃力と存在感がある。
でも、アイツは投げようとした。
左のグラブで右腕を無理やり持ち上げてまで投げようとしていた。
マウンドから見たあの時のカネの姿が、今でも目の奥に焼き付いて離れません。

いろんな思い出がある。
それは苦しい思い出ばかりじゃない。
たくさん笑ったし、たくさん喜んだ。
なのに今、そのすべてに泣けてしまう。

引退発表の翌日、ブログを更新しようとしたら、
途中で涙が止まらなくなって画面が見えなくなった。

カネありがとう。
今まで本当にありがとう・・・



画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
鮮明に残る03年 投げんなよ ....Tigersの下柳 剛に捧ぐ..../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる